« Dr.コトー サポーター実施中! | トップページ | #024 うどんのアレンジ料理 »

2006年11月 1日 (水)

#023 鴨うどんすき

鴨肉のうまみがぎゅっと染み出た鴨うどんすき
↑クリックして鴨うどんすきの詳細ページへ

「023-061101-ch894.mp3」をダウンロード

定番でありオススメの冬の一押しメニューの鴨うどんすきセット

鴨うどんすきは、非常に完成度の高い認知された商品です。鴨のお肉だけじゃなく野菜からうどんまで全部セットになっています。京都の食材豆腐湯葉も使用していて、料理が残った後はぞうすいをして頂くと良いです。

お鍋に鴨が入るというのも明治からですか?

鹿鳴館時代、外国からのお客さまに持て成す料理として日本政府が、一番最初にとりいれた料理がフランス料理。フランス料理ではを主に使用していて鴨が入ってきました。健康を考えて鴨を使うようになったかどうか調べたのですが、健康の為ではなく鴨を仕入れた。私たちが最近開発した鴨は、青森で育てた鴨でフランスのバルバリー州の雛から本鴨という事で育てています。

肉質とか味の部分ではどんな風?

合鴨よりも肉質は少し引き締まっています。

語り:山下英雄(薬師庵社長)
聞き手:子守康範

|

« Dr.コトー サポーター実施中! | トップページ | #024 うどんのアレンジ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #023 鴨うどんすき:

» 鍋めし 京風鴨鍋 [NONSENSE]
[続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 09:43

« Dr.コトー サポーター実施中! | トップページ | #024 うどんのアレンジ料理 »